選び方と種類|通販で農業資材を取り寄せよう【楽しいガーデニングを始めるために】

通販で農業資材を取り寄せよう【楽しいガーデニングを始めるために】

園芸

選び方と種類

苗木

苗木は、主に園芸店やホームセンターで販売されています。苗木を購入する際は、なるべく売れ残ったものを選ばないようにしましょう。売れ残った苗の中には老化しているものもあるからです。老化した苗は、上手に育てようとしても短期間で枯れてしまったり、病気を発生させてしまったりする恐れがあります。問題なく育つ場合もありますが、初心者の方はなるべく避けるようにしましょう。また、全体的に大きめで強そうな苗もおすすめです。大きめの苗は、生育に時間をかけられており、元気に育っていきます。逆に節間が長く脆そうな苗は、老化した苗と同様で育てるのが難しい傾向にあります。今挙げたポイントを把握した上で苗を選べば、どのような環境の中でも上手に育てられるでしょう。

苗には「自根苗」と「接ぎ苗」の2種類があります。自根苗とは、文字通り種から生えた苗のことを言います。自根苗は茎も葉も同じ種から出ているので当然同種となりますが、接ぎ苗は根系とシュート系が別々の植物から成り立っています。文字通り2つの植物をくっつけて作られています。主に上部には野菜が、そして下部は病害虫に強い植物が使われています。病害虫に被害を受けにくくなるということは、その分生育しやすいということです。そのため、現在接ぎ苗は自根苗に比べ約2~3倍の値段で販売されています。価格は高いですが、その分初心者には育てやすいというメリットがあります。初めて苗を育てるという方は、接ぎ苗を選んでみるのも良いかもしれません。